« 便利な世の中になったが心が寂しい | トップページ | 自分自身の生き方を問う »

2019年7月24日 (水)

愚直に生きる

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

img_1[1]

歳を老いていく中で、「愚直」という言葉が好きになった。

愚直とは、「正直なばかりで臨機応変の行動をとれないこと。また、そのさま。バカ正直」と訳す。

若い時はこの言葉を使うほど心のキャパシティが無かったように思う。ところが、歳を取るたびに「バカ正直でいいじゃない!」と思えるようになった。

不器用なら器用になろうとしないで、愚直に生きることだ。不器用な人は器用な人を見本にしない。そもそも器用な人と自分を比較したらへこむだけだ。

不器用なら不器用な生き方がある。とにかく愚直に生きること。自分が納得するまで時間をかけた方が良い。

納得したふりしたら、後々後悔する。不器用なことを自覚して一歩ずつ進もう。

« 便利な世の中になったが心が寂しい | トップページ | 自分自身の生き方を問う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 便利な世の中になったが心が寂しい | トップページ | 自分自身の生き方を問う »