« 記録的な日照不足 | トップページ | 健康と町の美化活動 »

2019年7月17日 (水)

一人ひとり地球環境を考えよう

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

100712_172824_ed[1]

地球環境は確実に悪化しています。

いま現在、地球の環境はかつてないスピードで変化しています。これが好転しているのなら喜ばしいのですが、残念ながら悪化の一途をたどっています。

環境をよくするために、私たち一人ひとりが、行動しなければなりません。「環境が悪くなっているのはわかるけど、私たちに何ができるの?」そう思われる方、多いと思います。

海のプラスチックごみ

いま世界の主要国で、地球環境問題で、「海のプラッシックごみ」問題視しています。現在地球上の海にいる魚などの生き物の量より、プラッシックごみが上回るとも言われています。

浜辺に打ち上げられた、何十頭の鯨の胃の中にマイクロプラスチックが、一杯飲み込んでいたというニュースがありました。これは地球上の生物の頂点の人間の勝手わがままな仕業で、このまま放置していたら、その付けが、人間に跳ね返ってくる・・・ということです。

川なら、山なら、土に埋めれば・・・ではないのです。

やがて海のどこかに流れ着くのです。自分の家がきれいになればいいと、外に無意識に捨ててる人がいます。
タバコの吸殻、小さいごみだから・・・捨てている人がいます。私たち大人は、子供たちに、そして孫たちに、安心できる地球を守る責任があるのです。私たち一人ひとり、しかも、今日からできることが、たくさんあるのです。

« 記録的な日照不足 | トップページ | 健康と町の美化活動 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 記録的な日照不足 | トップページ | 健康と町の美化活動 »