« 私の住む町が大好き | トップページ | 信頼を得ることで幸せ感が・・・ »

2019年7月29日 (月)

優しい思いやりの心を育つ道徳

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

004[1]
忙しい現代社会で、事件や事故の報道が絶えません。忙しい時代だからこそ、人間が生きる原点を考えて欲しいと思うのです。

「優しい思いやりの心を育てる」

あいさつをしよう。公共の場ではゴミは捨てない。助け合いの心を持とう。そして、私たちが住む町は、私たちが守り、美しい心を持った子供が育てよう。人に…環境に…思いやりのある人間になるのです。

道路や、公園・広場などに、何のためらいもなくゴミを捨てている人がいます。

「ゴミを拾いながら考えます」

立派な大学で、自分の得意な専門分野の高等教育を学んで社会貢献している人たちですが、道徳教育が未完成な人が多いと思うのです。道徳教育は人間社会において、思想・信条・宗教が違っていても、人が生きていくうえで守らなければならない、大事な要件の一つです。

また、ゴミを捨てる人には、自分の心の病に罹っていることに気づかないでいる人ではないかと思うのです。早く心の病を治して心身共に健康で社会に貢献することが大事なことです。美しい心を持ち、より良い社会を創ることに努力してほしいのです。

« 私の住む町が大好き | トップページ | 信頼を得ることで幸せ感が・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の住む町が大好き | トップページ | 信頼を得ることで幸せ感が・・・ »