« 世のため、人のために尽くす | トップページ | 湯殿川の想い »

2019年7月11日 (木)

城跡の森の奥から

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

20150629141059710[1]

「ウグイスと ホトトギスが鳴く 城址森」

片倉城跡の森の奥のこと、ホトトギスが子育てを、ウグイスに頼んだが、旨くいかなかった?

昨日の朝・・・「ホーホケキョ」と、ウグイスが鳴き、その後「キョ・キョ・キョ・キョ」甲高くホトトギスが、しばらく鳴き続いていたのです。

ホトトギスは、巣を作らず、「托卵」という習性あるという。

ホトトギスは、自分で巣を作らず、ウグイスなどの巣に卵を産んでその鳥に育てさせ、その鳥の卵を全滅させ、自分の子供だけ育ててもらう托卵(たくらん)という行為を行います。

ウグイスは、自分が生んだ卵ではないことに、気がついたのか?

平和な野鳥の世界のようですが、人間が想像つかない現実があるということでしょうか?


« 世のため、人のために尽くす | トップページ | 湯殿川の想い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世のため、人のために尽くす | トップページ | 湯殿川の想い »