« 信頼を得ることで幸せ感が・・・ | トップページ | 老いるとは・・・ »

2019年7月31日 (水)

平均寿命と健康寿命

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

八王子16号バイパス2

平均寿命・・・今日のNHKの0時のラジオニュース・・・
日本人の平均寿命は平成の30年で男女ともに5歳余り延び、去年は女性が87.32歳、男性が81.25歳といずれも過去最高となったことが厚生労働省のまとめでわかりました。

健康寿命
「健康寿命」は、健康上のトラブルによって、日常生活が制限されずに暮らせる期間と定義づけされています。日常的に介護などを必要とすることなく、自立した生活を送れている年数のことを表しているわけです。

2016年は男性72.14歳、女性74.79歳
健康上の問題で日常生活を制限されることなく過ごせる期間を示す「健康寿命」について、厚生労働省は、今年3月、2040年までに16年と比べて男女とも3年以上延ばす目標を掲げると決めました。

男性は75・14歳以上、女性は77・79歳以上をめざす。今夏までに達成に向けた計画をまとめ、加齢に伴って心身の活力が低下する「フレイル」や、認知症の予防対策をすすめる。(日本経済新聞)

平均寿命と健康寿命の差
男性で約9年、女性で約12年あります。平均寿命は延びる傾向にありますので、健康寿命と平均寿命の差が拡大すれば、健康上の問題、医療費や介護費用の問題も懸念されるところです。

健康寿命を伸ばす
運動器の疾患を防ぐ(骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。 )運動器の疾患は、私たちの生活の質(QOL)を低下させる大きな一因となります。
障害を防ぐために適度な運動を心がけることです。

また、病気を予防するためには食生活にも配慮することです。そして、心ときめく感動・これは何だろう?という好奇心など持って日常生活を送ることです。

 

« 信頼を得ることで幸せ感が・・・ | トップページ | 老いるとは・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信頼を得ることで幸せ感が・・・ | トップページ | 老いるとは・・・ »