« 利他の心を持つということ | トップページ | モラルの低下を憂う »

2019年7月 3日 (水)

素直な心、常に謙虚な心を持つ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

src_10668948[1]

日常の五心とは・・・(Wikisourceより)
一、 「はい」という素直な心
一、 「すみません」という反省の心
一、 「私がします」という奉仕の心
一、 「おかげさま」という謙虚な心
一、 「ありがとう」という感謝の心

日常の人付き合いに大切なことばかりです。そして挨拶として「いい天気ですね」と声を掛け合うのは、お天道さまが全ての生きものにとって、等しく大切だからなのだと感じています。

素直な心とは、自分自身の至らなさを認め反省でき、そこから努力するという謙虚な姿勢のことです。

我の強い人は、自分の立ち位置や役割を忘れ主張したり、人の意見を聞かず、たとえ聞いても反発することがあります。しかし、本当に進化する人は、素直な心をもって人の意見をよく聞き、常に反省し、自分自身を見つめること(持戒:じかい)のできる人です。

そうした素直な心でいると、その人の周囲にはやはり同じような心根をもった人が集まってきて、物事がうまく進んでいきます。

« 利他の心を持つということ | トップページ | モラルの低下を憂う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 利他の心を持つということ | トップページ | モラルの低下を憂う »