« モラルの低下を憂う | トップページ | 人間性の教育の大切さ »

2019年7月 4日 (木)

不平・不満ばかりでは前に進まない

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

IMG_2918_R-5d03d[1]

口をついて出てくるのは不平・不満ばかり・・・そんな人の話を聞いていて楽しいだろうか?

しょっちゅう不平ばかり言っていると、精神的・肉体的にも悪い影響が出てきて、ノイローゼになり、生きるエネルギーや夢を追う希望をなくしてしまいます。

感謝の視点でものを見る

前向きでなく、否定的に考えるから、不平を言いたくなるのです。

あれがない・・・これができない・・・ではなく、感謝の視点で人生を見る習慣をつけることです。その結果、まずマイナス面から物事を見ることが少なくなると思います。人間は何かの犠牲の上に成り立っているのです。今の瞬間を生きていられるのもそのお陰なのです。

プラス思考でポジティブに判断する

プラスしか見ないのがプラス思考なのではありません、プラスとマイナスの両方のメリットとデメリットを踏まえて、前向きに考えることがプラス思考です。

散歩でもいい・・・とにかく体を動かそう

血流を良くして、ポジテブ思考にするのに、運動ほどいい方法はありません。運動はストレスを減らし、慢性的な不平不満につながる不安や、うつの感情を吹っ切るのです。

誰だって生きてりゃ嫌なことはあるさ・・・不平不満がまったくない人なんかいませんよ・・・だが不平不満ばかりに意識が働き、常にそのことばかり考えていると、前向きな思考ができなくなってしまうのだよ。

楽しさや人の気持ち、今ある幸せに鈍感になってしまい、本来持っている能力にも悪影響を及ぼします。悪い思考習慣を改め、本当は今そこにある幸せを実感していくことで、嬉しさの方に敏感になるのです。

« モラルの低下を憂う | トップページ | 人間性の教育の大切さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モラルの低下を憂う | トップページ | 人間性の教育の大切さ »