« 現実を受け入れる | トップページ | 認知症を先送りし、どう生きるか »

2019年6月28日 (金)

正しさより誠実さ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

361[2]

本来何をするのも自由だし、自分が本当に好きなことをすればいいのに、人の評価を気にすることによって、いつしか「~べき」「~はず」といった外野の、さまざまな価値観に惑わされて、私たちはどれだけ本当の気持ちを現すことに躊躇したことか。。。

他者の評価に依存して生き続けたとして、この世の万人に評価されることなど決してないはずなのです。世間の評価にあまり振り回されず、誰かに批判されようが、結果がどうであろうが、自分の本当の気持ちにしたがって生きることが、本当の幸せな生き方と思ます。

人付き合いのマナーを守り、他人を大切にすることは、人々に好感を持たれる行動とされ、他の人々の尊厳やそれぞれの違いに敬意を払っていることを示しています。成熟した人間としての技術を用いることで、人間関係は非常に大きく改善されることになります。また、人間として生きるための技術は、これを改善することで生活の個人的、社会的な側面の全てが強化されます。

この世に完璧に正しいものなど存在しせん。

そんな幻想の「正しさ」を追い求めるより、「誠実さ」を大切にすべきです。すぐに実行できることではないかもしれません、でも本気で生きるにはそれしか道はないように思う。

この世に完全なる正しいものや正解なんていうものはありません。時代が違えば正しさも変わるし、環境が違えば変わるものです。だから、この世に正しい答えというものは存在しないのです。

正しさは常に変化し続ける

自分自身で何が正しいのかを見極めて、自分が良いと思える方向へ進むことが、自分自身の中では正しい道でなないでしょうか。外部に答えや正しさを求めても見つかることはありません。それより幸せ追求するには、誠実さを持って、事に当たることで、他人からの信頼感が増し、幸せ感が得られると思います。



 


 


 

 

« 現実を受け入れる | トップページ | 認知症を先送りし、どう生きるか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現実を受け入れる | トップページ | 認知症を先送りし、どう生きるか »