« 夏を告げる郭公 | トップページ | お年寄りの位置づけ »

2019年6月22日 (土)

感謝の気持ち忘れない

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

800px-七国古道[1]

「感謝の気持ちを忘れない」これは、(2009年10月 3日に書いたもの)

私は何時も感謝する気持ち続けたい。悲しいことに出会っても、生きていられる幸せを感謝の気持忘れないようにする。このことは人間生きていくためには必要だと思う。

毎日、辛く悲しいことばかり、でも、朝目が覚め、自分が生きていることに感謝できることの積み重ねは、その人の人格を高めることだと思う。

京セラ創業者の稲盛和夫氏の言葉に・・・
必要なのは「何があっても感謝の念をもつ」のだと理性にインプットしてしまうこと・・・。

困難があれば、成長させてくれる機会を与えてくれてありがとうと感謝し、幸運に恵まれたなら、なおさらありがたい、もったいないと感謝する。感謝の心をもてれば、その人は満足感を味わうことができる。感謝をすることは、有力な幸せになる方法の一つだと思う。

心から感謝できれば、幸せな気もちになれる。感謝の気もちから生まれる言葉や行動は、幸せを生むことが多い。人生には、いいこともあれば、悪いこともある。

脚本家の山田太一氏の言葉に・・・
「いいこと」にはきっと、「悪いこと」がつきまとっているもの。今はいいことであることも、長い目で見ればマイナスになることがたくさんある。逆に今は悪いことのように思えても、きっとそれはいいことに転じることがある。

もしも今、悪いことに囲まれていたとしても、その経験は必ず自己形成のプラスになる。マイナスの経験があってこそ、人は我慢することを知り、他人に対して寛大になれる。

今がマイナスの状況であったとしても、それはいずれプラスに転じるのだと信じること。そう思わないと、人生はつらくヘトヘトになってしまう。「いいこと」があったときには、素直に喜んだほうがいい。「悪いこと」があったときには、まずは「こういうこともある」と現実として受け入れたほうがいい。

俳優の森繁久弥氏の言葉に・・・
「いいこと」「悪いこと」がかわりばんこ来るもんだ。だから、いいことがあっても有頂天にならない、そして悪いことがあっても落胆しない。これが生きる「コツ」だよ。

« 夏を告げる郭公 | トップページ | お年寄りの位置づけ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏を告げる郭公 | トップページ | お年寄りの位置づけ »