« 恩は遠くから返せ | トップページ | 現実を受け入れる »

2019年6月26日 (水)

歳をとって幸せ感を味あう

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

f8824a5006ff4d81bfc5bd2c6f908279[1]

歳をとって実感すること

高齢になるほど体力は落ちますし、退職を迎える頃には収入が減ると同時に、社会との関わりそのものが薄れてしまったような心細い気持ちになることもあります。その一方、無理な人付き合いから解放されて気が楽になることがあります。

概して、他人と自分との能力差や境遇を比べてストレスを感じる必要もなく、自分の価値観に従ってマイペースに過ごすことができる毎日は、心に平穏な幸福感をもたらしてくれると言えます。

引退によって、社会的な居場所を一部が失われても、時間的・精神的余裕ができたことで、共通の趣味などを持った人々と新たな人間関係を築けるのも楽しみのひとつです。また、これまでの経験を活かし、別の形で社会貢献をしようと取り組む高齢者には、より自分らしい新たな居場所とやり甲斐が生まれます。

自分らしい『幸福論』見つける

経済面や健康面から考えれば、加齢の現実には厳しい部分もたくさんあることは否定できません。でも、若い頃から積み上げてきた経験、磨いて来た感性は、年を重ねてこそ生き方そのものに活かされます。肩の力を抜いて人生を楽しめるのは、まだまだこれから。。。そんなふうに考えながら、自分らしい幸せの在り方をこれからゆっくり探してみることです。

« 恩は遠くから返せ | トップページ | 現実を受け入れる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恩は遠くから返せ | トップページ | 現実を受け入れる »