« 認知症を先送りし、どう生きるか | トップページ | 草木への想い »

2019年6月29日 (土)

今生きていることに感謝

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

00nyudogumoBGM[1]

「今を生きている」ことに感謝「今を生かされている」ことに感謝することが肝要です。

一人ひとりの人間は、この世でたった一つの、真に奇跡的な存在なのです。

私は、今私たちが生きている、この命は、非常にありがたいものであり、何か見えざる「力」によって私が存在している、「生かされている」と思わずにはいられないのです。

そもそも、「ありがたい」とは、「有り難い」と書きます。なかなか起こり難いこと、奇跡のようなことに対して不思議と感謝の気持ちを感じるからこそ、「ありがたい」という言葉あるのです。

人間という存在の奇跡を思うと、人間が生きていることに対して「ありがたい」という思いを感じずにはいられないし、人は「生かされている」と思うのです。

私自身、二人の子供を授かり、そして孫四人・・・先祖代々から受け継いだこの連鎖を切らすことなく、継承できたことに誇りを感じています。こうして奇跡的な細胞の組合せで私のもとに命を授けて頂いたことに、ご先祖さまや神仏すべてにありがたさを感じ、私の子供も、孫、そして私自身も、「生かされている」のだということを痛感するのです。

人が「生かされている」ことの「有り難さ」を真に受けとめることができれば、天から与えられた使命を持って生かされた以上、万物を調和し、より良い社会を作っていき、次の「有り難さ」を生むための連鎖のつなぎになろうと努力するのではないでしょうか。

感謝の心は行ないに現れます

いつでも、言葉ではなく行動がその人の本音です。今時分が生きていられることは多くの人のお陰です。感謝の心は、人のために無償の行ない、社会の奉仕活動で現れます。私は、「それが生きる」ということかと思うのです。

« 認知症を先送りし、どう生きるか | トップページ | 草木への想い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 認知症を先送りし、どう生きるか | トップページ | 草木への想い »