« 人の道・道徳 | トップページ | 今日一日を一生懸命生きる »

2019年6月11日 (火)

老後の地域での居場所づくり

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

1024px-Yudono_River03[1]

地域に居場所がない老後はつらい?

現役世代から、仕事だけでなく、働く傍ら地域コミュニケーション活動を行う習慣を身につけ、地域との関わり作りに、取り組んでおい方が、定年後の地域との関係を、スムースにできると思います。

普通のサラリーマンは、定年後の暮し方で、務めを辞めれば、地域社会との関係は、好むと好まざるに関係なく増えてきます。

定年までサラリーマンに専念した人は、その後地域のコミュニティに、なじめないという人がいるのではないでしょうか?

特に昨今は、定年延長等により65歳まで働く人も増えているため、ますますそのハードルが上がりつつあるように思われます。

ですから、老後の時間を有効活用するためにも、現役世代のうちから町内会等の活動に参加し、少しずつ地域のコミュニティに溶け込んでおくことです。

平日に忙しい人が、道路の清掃等で休日に動くのは億劫に感じるかもしれません。しかし、今からコツコツとボランティアや人脈を「貯金」をためておくことが、時間を有効活用した幸せなセカンドライフには必要です。

« 人の道・道徳 | トップページ | 今日一日を一生懸命生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人の道・道徳 | トップページ | 今日一日を一生懸命生きる »