« 80歳代からの生き甲斐 | トップページ | 無心 »

2019年5月 4日 (土)

自分ひとり町ではない

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

P10205221

毎日ボランティアで、私の近くの湯殿川河川管理通路のゴミ拾いをしているが、今年の大型連休中は、タバコの吸い殻のポイ捨てが少ない。

連休中は、サラリーマン・学生など通行人が減って、ゴミの量が比例して少ない・・・

「ゴミのポイ捨てはしない」「我が町を環境から守ろう」と、八王子市・保健所・国土交通省などに相談し、「ゴミ捨て禁止」「犬の糞は飼い主の責任」などのポスターを設置してきたが、一向に減っていない。

「マナーから、ルールへ。厳しいのは条例ではなく、モラルをなくした現実。」

確かに、いろいろなところで「環境の保護」・「マナーの尊守」の活動が見られるが、日本人の感覚がこれまでか・・・と思うことがある。

年々喫煙者の肩身は狭くなっていることは間違いない。家では家族で禁煙区域に指定・・・これでは、タバコを吸う場所がない。すっかり締め出されてしまった。

煙草は健康を害する。またその煙を周りの人にまで吸わせる事は良くない、そのぐらいの理屈は中年にも解る。家・駅構内の禁煙、禁煙の飲食店の増加、ポイ捨て禁止等々、不承不承従ってきたのは分かる。

また、たび重なる値上げ、足りない税収はとりあえず喫煙者からふんだくっといてやれ的な、安易で不当な値上げにもじっと耐えてきたのも分かる。

だが、「厳しいのは条例ではなく、モラルをなくした現実です。」 その通りであると思う。悪癖をやめられないのは・・・モラルの目にあまる悪化のためやむなく取り締まりとなったのだ。

自分の家の庭に、またベランダで吸って、「ポイ」と捨てますか?自分たちが住む町なのだから自分たちで、ポイ捨てで町を汚さないこと分かって欲しいものである。自分ひとりの町ではないのだから・・・平常出勤に戻って、タバコのポイ捨てが・・・

« 80歳代からの生き甲斐 | トップページ | 無心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 80歳代からの生き甲斐 | トップページ | 無心 »