« まあ…いいか | トップページ | 感謝の心を持つこと »

2019年4月15日 (月)

人の世の儚さ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、屋外、自然

川の流れの中に、桜の花びらを見て、様々な想いを巡らせた。

「奇麗だ」「美しい」と皆が褒めていた桜の木々も、花びらが散ってしまえば見向きもされない。

何事もなかったように、毎年同じことが繰り返される。

今年も、あんなにきれいだった桜も、散る時期を迎えると儚くもあり無残なものとなる。

「夕暮れに 散りゆく花を 見るときに 人の世の 儚さを知る」

人の世のうつろいは飛花落葉のはかなさにひとしい。

« まあ…いいか | トップページ | 感謝の心を持つこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まあ…いいか | トップページ | 感謝の心を持つこと »