« 今を一生懸命生きる | トップページ | 奉仕の心 »

2019年4月 6日 (土)

「普通って」何だろう

写真の説明はありません。

「普通って」?

普通が一番簡単で、普通が一番難しい。

世間では多数派が常識で、少数派が非常識とされています。普通が常識とされていますが、正義や常識は時と場合により変化します。

「貴方に普通ではない」そう自覚があるのであれば、慎重に行動するべきだと思います。多数派には敵いませんから。

自分を貫き通すのであれば、揺るぎない信念と、周囲を納得させる根拠が必要になります。

時代と共に価値観が違ってきています。

「ふつう」でいることが難しい時代になっています。ひと昔前までの常識が通じない社会になりつつあるのです。

かつては、よい大学を出て、大手企業に就職し、郊外に一軒家を建てる・・・というライフコースを歩むことが幸せであり、女性は25歳までに結婚しなければ売れ残りだ、と信じられていました。今の時代にそんなことを考えている人は、ほとんどいませんが、つい最近まで本当に「ふつう」だったのです。

とにかく、現在は時代の変化が激しい。

ビジネスでも生活でも恋愛でも結婚でも、今までの常識がまったく通用しなくなっています。古い価値観と新しい価値観との間で板挟みにあい、身動きが取れなくなっている人も多いように思えます。そんな時代だからこそ、あらゆる日常の場面で「モヤモヤ」が立ち上がっているのではないでしょうか。

« 今を一生懸命生きる | トップページ | 奉仕の心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今を一生懸命生きる | トップページ | 奉仕の心 »