« ゴミ拾いをして・・・ | トップページ | 物事の本質を捉える大切さ »

2019年2月 9日 (土)

故郷に吹く風だけが変わらない

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

030071xe11

あのころのにおいを風が運んでくる

秋にみんなで栗拾いで登った山道

川・田んぼ・畑だけの風景を

片倉城跡の高台から眺めたり

ターザンごっこで藤つるで遊んだり

あのころ母艦水雷で駆でけ回って

時間を忘れて泥んこになって遊び…

「また明日・・・」

「一番星を見つけたぁー」

返ってきた「おかえり~」の声

今は、もう遠いむかしの記憶しかない

今、片倉城跡の高台から眺めて見ても

民家で埋め尽くされてむかしの面影は

どこを探しても見つからない

あのころの当たり前が 当たり前じゃなくなった今…

それでも風はあの頃のにおいをのせて 吹いている

故郷に吹く風だけが変わらない

« ゴミ拾いをして・・・ | トップページ | 物事の本質を捉える大切さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷に吹く風だけが変わらない:

« ゴミ拾いをして・・・ | トップページ | 物事の本質を捉える大切さ »