« 故郷に吹く風だけが変わらない | トップページ | 気付き大切さ »

2019年2月10日 (日)

物事の本質を捉える大切さ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

「本質を捉える」とは・・・

何が良くて、何が悪いのか、何が幸せで、何が幸せでないのか・・・など、物事に対する価値観は、人によって大きく異なっています。

多くの人の場合、「価値判断」は視覚的に得る情報をもとに行われます。例えば、見た目です。それが煌びやかであるかそうでないか、美しいか醜いか。。。

一方で、物事の「本質」を価値判断の基準にする人は少ないです。

なぜなら、本質を知ることや、目に見えない価値を見極めることは、多くの時間が必要だからです。

「目に見えない価値」とは、愛や友情、信頼や思いやりのことです。

これらは、対人関係において測ることが難しい「思い」や「心の動き」であり、目に見えるものではありません。しかし、この「目に見えない価値」こそが物事の本質であり、1人の人間の豊かさや、器量を表していると言えるのです。

人やモノの流れがとても速くなっている現代では、本質を知るために時間を費やすより、よりスピーディーに見た目だけで価値判断をすることが自然なことなのかもしれません。

しかし、例えスピーディーな社会に生きていたとしても、「目に見えない価値」、つまり物事や人の「本質」に目を向け、そこに可能な限り時間をかけて見ることです。それが、人生をより充実させる近道になります。

« 故郷に吹く風だけが変わらない | トップページ | 気付き大切さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物事の本質を捉える大切さ:

« 故郷に吹く風だけが変わらない | トップページ | 気付き大切さ »