« 現実と事実の違い | トップページ | 故郷に吹く風だけが変わらない »

2019年2月 9日 (土)

ゴミ拾いをして・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

142820090228081

3年前のこと、いつものように、湯殿川の河川管理通路のゴミ拾いをしていいたときのこと・・・

「どうしてゴミを拾っているのですか?」

失礼ながらお役所の清掃員ではなさそうだし・・・と、中年のご婦人に声をかけられました。

「いやー好きだからです。」「ただ、拾いたいから拾っているんですよ。」

ご婦人は、頭を横にして通り過ぎていきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人は、何か自分にとって得することがないと、普通は行動に移さないものです。

「ゴミ拾いをすると、得することがあるんです。」

得って何ですか?

ごみを拾った人だけがわかるんです。

答えは、「ゴミを1つ拾う者は、大切な何かを1つ拾っている」のです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『人が捨てた“運”を拾っているんです』

 MLBの大谷選手は、グラウンドに落ちているゴミを見つけたら、必ず拾うようにしているそうです。

その行為は、野球をやったことのある人なら分かりますが、そのゴミによってボールのバウンドが変わってしまうことがあり、ボールのバウンドが変わってしまうとエラーをする確率が高くなるという理由からでしょう。

しかし、彼はそれ以外のことも感じているかもしれません。野球というスポーツは、少なからず“運”にも左右されてしまうスポーツですからね。。。少しでも“運”を引き寄せようと、ゴミを拾っているかもしれません。

« 現実と事実の違い | トップページ | 故郷に吹く風だけが変わらない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴミ拾いをして・・・:

« 現実と事実の違い | トップページ | 故郷に吹く風だけが変わらない »