« 心豊かに生きる | トップページ | 人生は平凡が一番 »

2019年2月25日 (月)

物足りなさあってちょうど良い

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Ka_0721

「人生はもの足りなさがあってちょうど良い」

私も長く生きてきて、いろんな人に出会い、いろんな人の人生を見たり聞いたりしてきましたが、どういう人の人生が一番幸福だったのか、いくら考えてもわかりません。

「腹八分目に医者いらず」 

というように、健康を保つには、体の元気を使い切ってしまわないことです。ちょっと足りないくらいが、健康で楽しい人生を送るには、大切なことです。

たとえその目標が大きくても小さくても、いいのです。

人生は到達した地位や財産が幸せをくれるのではなく、好きな仕事に挑戦し、日々努力をし、仕事をする、その人生の過程そのものが楽しいのです。

人がどう思うか、また、自分はもう何歳だから、男性だから、女性だから、そんなことはどうでも良いのです。いま目の前の人生を、元気を使い尽さずに、少し余裕を残して、悔いなく楽しく生きること、それが人生を楽しく生きる・・・大事なことと思います。

なにもかもが満足な人生はありえません。豊かになれば人は幸せになれません。考え方次第です。自分の心が決める以外に、方法はないのです。

「この程度で私はちょうどいい」と自分の心が思えることが一番いいと思います。ちょうどいいと思える程度は、百人いたら百人違います。

私はまだ足りなと思う人は、いくらあっても足りません。そういう人はいくら富を手にしても、お金持ちになった甲斐はありません。

これくらいが自分の人生にちょうどよかったかもしれないと、満足することのできる人が、幸せになれるのだろうと思います。

「幸福になれるかは、この程度でちょうどいい、と思えるかどうかにある」……いいことずくめの人はいないのです。

« 心豊かに生きる | トップページ | 人生は平凡が一番 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物足りなさあってちょうど良い:

« 心豊かに生きる | トップページ | 人生は平凡が一番 »