« 歳をとると時間が経つのが早い | トップページ | 自然環境について »

2019年2月13日 (水)

道理について

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Img_11

「道理」・・・「物事がそうあるべき正しい筋道」「人としての正しい道」。

人間はに人それぞれの考え方(価値観)があります。人それぞれに、性格や 価値観が違いますが、異なる道にも、必ず一定の道があります。これが「道理」です。

誰の道においても共通する理(もっともなこと)であるから、「道理」を理解して「物事がそうであるべき道筋」といった意味を持ちます。 ただし、本来的には道理は唯一無二のものです、しかし、往々にして人は道で迷うものです。その道理とするところが必ずしも道理ではないことがあります。

今の世の中、道理ではなく、空気を読んで考える人が多い?

道筋(道理)に従うのではなく、多数や強者の主張に逆らわず生きている・・・多数や強者に従って、利害を共有する仲間との衝突を回避しながら、「安全・安心」を求めて生きている人が多いように思います。

それが、何よりも選択や行動の原理になっている?その結果今の世の中、人の価値観や判断はどんどん道理から離れて行くように思えます。

自分はそれで良いかも知れません。しかし自分の子供や孫の、後の世代の世の中はどうなるでしょう。道理ではなく、「得」と「安全・安心」を追いかけることだけを教えて育てたら、日本の未来はどうなることでしょう?

「人は一人では生きてゆけない」というのは証明する必要もない前提です。

親や大人たちがいなければ、学習をすることも出来ません。人間になることも出来ません。自分を育んでいる社会・自然環境があるからこそ、人は生きて行ける・・・ならば、自分を育む人々や社会・自然環境を、破壊してはならない・・・これは道理 でしょう。

« 歳をとると時間が経つのが早い | トップページ | 自然環境について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道理について:

« 歳をとると時間が経つのが早い | トップページ | 自然環境について »