« ゴミ拾いをしながら・・・ | トップページ | みんなが同じだった昔と、みんな違う今 »

2019年1月 8日 (火)

世のため人のため

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10kouchi_katurahama11

幸せとは、「自分の心が喜んでいる状態」だと思います。

人間は、社会的な動物です。「利他の心」で、世のため人のために働くと、自らの心の中から、充実感や幸福感が、こんこんと泉のように湧き出て来ます。

利他の心とは・・・他人の利益を重んじ、他人が利益を得られるようにと振舞おうとする心です。

これは、自己中心的ではなく利他の心で働けば、幸福感が湧き上がってくるように、造物主によって人間は創られているからです。

「自分のことばかりではなく、人のことを考えなさい」

どうすれば人のことを考えられるのでしょうか・・・それには、まず自らの行いを反省することが必要だと思います。

そして、他人の考えなどを受け入れられるように視野を広げること、最後に自分が生かされていることに感謝することが大切なのではないでしょうか。。。

稲盛和夫さんは・・・

人生の目的とは、「心を高める」ことです。「心を高める」とは、世のため人のために尽くすということになります。世のため人のために尽くすのが人生の目的だと考えていますが、それは心を高めるということですと、と述べています。

「利他の心」で、世のため人のために働くとことが、幸せの心になれるのです。

« ゴミ拾いをしながら・・・ | トップページ | みんなが同じだった昔と、みんな違う今 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世のため人のため:

« ゴミ拾いをしながら・・・ | トップページ | みんなが同じだった昔と、みんな違う今 »