« 当たり前に感謝の気持を持つ | トップページ | 今を懸命に生きる »

2019年1月23日 (水)

大切な何かを拾っている

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

P10205221

ゴミ拾い・・・自分のためにやっている・・・

単に好きでゴミ拾いをやっているのは、誰かのためにやってるわけではない。このまちに生まれ、このまちに育ち、このまちが好きで、これからも生き続けたいからです。

立派な行為でもなんでもないし、ましてやその立派なことをしている自分を誰かに認めてほしくて言ってる訳でもないのです。

大切な何かを拾っている?

「品格」「こころ」「おもいやり」「自尊心」「高潔」「公共心」「道徳心」「魂」「礼節」・・・人によってさまざまな言葉が当てはまると思います。

「信用」

その中でも、私は「信用」という言葉を一番に上げたいと思います。人の目の前でポイッとゴミを捨てる人を、あなたは「信用」できますか?

空き缶を車の窓から投げ捨てる人・・・タバコの吸殻を、舗道に捨てる人・・・その人たちは、実は、自分の一番大切な「信用」を捨てているのです。

いくら立派な地位のサラリーマンや、お金持ちでも、どれほど大きな会社の社長さんでも、「空缶のポイ捨て」をするような人とは付き合いたくありません。もし、そういう人と、友達だと見られるだけで、こちらの「信用」が落ちてしまいます。

今の世の中、結構立派ないいこと言っている人がいます。そういう人が、平気でタバコの吸い殻をすてる・・・本末転倒です・・・信用できません。

« 当たり前に感謝の気持を持つ | トップページ | 今を懸命に生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大切な何かを拾っている:

« 当たり前に感謝の気持を持つ | トップページ | 今を懸命に生きる »