« 己に克ということ | トップページ | 自己中の人間が多い »

2019年1月15日 (火)

老後どうする暮し方

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

3e0efb42073e3a102d859b5d9b3710fb1 

老後不安として「カネ」「孤独」「健康」を3大不安(3K)と定義づけてられています?

子供がいても老後を頼らないという人が多いそうですが・・・

最終的には、誰かに看取られなければならなくなります。離れて暮す子供はいても、子供たちの生活があるから、年寄りの生活支援(介護)はできない。

老後どうする暮し方考える

○ 親は・・・子供に面倒見てもらわない。

○ 子供は・・・自分の子供に注力して悪いけど親の面倒は見ない。

昔は、子供が親の面倒を看る!看ろ!というのは当たり前でしたでしたが、今では核家族と、価値観の違いで無理です。

高齢者施設で、人生を終える・・・住みなれた自宅でと54%の方が希望していますが、現実は80%とが病院・施設だそうです。

後は高齢者で一杯になってるから完全介護の施設とか、よほど田舎なら空いてるかもしれないけど大半の地域では無理・・・有料のに入ろうとすると最低で1000万以上かかるでしょう。プラス月20万とかです。

「私は子供に迷惑かけるなら自死するわ・・・」とか言う人で実際に死ぬ人はそうそういません。もうろくしてくると、がらっと考え方が変わって・・・「子供が親の面倒見るのは当たり前」になったりするわけ?

しかし、もう物理的に無理です。

こう言うこと、子供が消耗しきってしまう。子供の人生の20年を「親の世話をするために消費」とか、本当にあり得ないと思うんだけど「毎日、毎日が精一杯で先のことは考えられない」という人たちに限ってこの状態に突入してしまう。

こういう現実にしっかり向き合うためには親子でという、申し合わせをするしかないと思います。いまでさえ孤独死とか多いのに、あと10年したら田舎の廃屋に累々と横たわる・・・みたいな現実が来ることを意識して、準備する必要があると思います。

真剣に「子供に迷惑を掛けないように」しないと・・・

« 己に克ということ | トップページ | 自己中の人間が多い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老後どうする暮し方:

« 己に克ということ | トップページ | 自己中の人間が多い »