« 老いて悩みは増えてくる | トップページ | みんなで安心して暮せるまち »

2019年1月 6日 (日)

個性と協調について

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Dscn04001

空気を読む

自分ではそう思っていなくとも、周囲に意見を合わせたがるという人は多いものです。特に日本人は協調性が高く、現代風に言えば空気を読める人になりたいというのも、同じ理屈かと思います。

信念を貫く

事の流れも無視して、自分が正解と思ったら、それは自分を信じることができ、信念を貫ける貴重な人かと思います。こういった人は、頭の良い人や、我が強い人で、周囲の意見に惑わされない傾向にあると思います。

個性と協調性

もちろん、周囲に合わせてしまうという人がダメというわけではありません。周囲に意見を合わせてしまう人は、協調性を重視し、周囲に敵を作らないようにすることができる人物です。

協調性を重視する人は、空気を読むことができ、会社・地域などの組織では、上の者に命令されたことも従順にこなしてくれるので、リーダーにとってはとてもありがたい存在です。個性を発揮できる人は、逆にリーダー向きと言えるでしょう。

個性の重要性

個性を発揮できる人というのは、信念が強く、頭の良い人である可能性が高いものです。周囲の意見と異なる言動をする人は、遠ざけられたり、変人のような扱いを受けたりすることもあるのですが、こういった人物は時として貴重な存在かと思います。

周囲に合わせる方が楽

周囲に意見を合わせてしまう人が多いのは、その方が楽というのもあります。周囲の人と意見が食い違ってしまうと、当然対立が生まれたり、口喧嘩から争いに発展するかもしれないからです。

我が強い人や頭の良い人に意見を合わせておけば、少なくともその人からは反感を買わず、無用な争いを避けることができるのです。同じ意見の人が多ければ多いほど、敵が減ることになり、自分の安全も保たれることになるのです。

« 老いて悩みは増えてくる | トップページ | みんなで安心して暮せるまち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個性と協調について:

« 老いて悩みは増えてくる | トップページ | みんなで安心して暮せるまち »