« 毎日を大事に有意義に・・・ | トップページ | 高齢者が幸せに暮らせる社会 »

2019年1月 3日 (木)

人間の真の値打ち

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

人間の真の値打ちとは・・・

『人間の値打ちというものは、その人が大切な事柄に対して、どれほど決心し努力することができるかどうかによって決まる』教育学者の森信三先生は、言っています。

人間は、この世に生まれた人間としての役割、他の動物にはない「人間性」というものを天から受けています。つまり人間には人間としての生き方や役割があるということで、即ち天が人間に使命(ミッション)を負わせ、この世に送り出したということです。

天は人間を自分の分身だとしていると言っても過言でなく、人間はこの世を良き方に向かわせるべく存在し、更に人間は死んでも、この世の進歩発展の永続化のための遺産を残すことも含め、世のため人のため生きるようにすべく天意を受けているのだと思います。

人間は、死すべきものとして、この世に生まれています。ですからこの世に生ある間、それなりの仕事をして行かねばなりません。その仕事とは言うまでもなく、己の私利私欲のためではありません。

人間基本的には、今この時代、自分と共にこの地球上で生きている、多くの人のプラスになることを本来使命として背負っており、それを成就させることが結果として、その人間の生き甲斐になって行くのだと思います。

この世に生ある限り世のため人のためとなるような志を立て、その志を遂げるべく夫々の人が夫々の形で粉骨砕身生き行くべきなのです。平均寿命も延びた今という時代、年老いて尚体力も充実している人は数多くなっています。

人間みな生まれた時から「死」に向かって歩いており、そして人生は二度ないわけです。世にお金を惜しむ人は沢山いる一方、時間を惜しむ人が少ないのは何故でしょうか?一たび過ぎ去った時間は二度と取り戻し得ない、大変貴重なものであります。

« 毎日を大事に有意義に・・・ | トップページ | 高齢者が幸せに暮らせる社会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間の真の値打ち:

« 毎日を大事に有意義に・・・ | トップページ | 高齢者が幸せに暮らせる社会 »