« 信頼を得るには・・・ | トップページ | 年を重ねて思う »

2018年12月22日 (土)

いつまでも自分らしく・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

3e0efb42073e3a102d859b5d9b3710fb1

高齢者がいつまでも、自分らしく生きるには・・・

年を重ねると、もの忘れ・・・身体の衰え・・・また気力の衰え・・・を実感します。自分らしく生きるためには、予想もしていない、山あり谷ありのたくさんの障害があると気付かされます。そして日に日に、増して・・・?

人や社会との繋がりが薄れたり、自尊心や生きる目的も失われたりしがちになり考え込んでしまいそうになります。

何とか強く生きたい・・・というよりも「上手に年を重ねたい」・・・思いです。高齢になる「生活行為」の障害が生じます。

生活行為とは・・・「人が生きていく上で営まれる生活全般の行為」です。

起きる、座る、立つ、歩くなどの基本的な動作・・・また、食事や排泄、更衣などの日常生活動作はもちろんですが、調理や買い物、掃除など日常の仕事、趣味、他者との交流といった幅広い行為も含まれます。

私は実感していますが、老化や病気により心身の機能は衰える・・・そうすると基本的な動作も不十分になり、自分の身の回りのことが難しくなってきます。同時に、仕事や趣味、気の合う仲間との交流も、やはり減ってきてしまいます。

私たちは、つい「できないこと」に目を向けてしまいがちです。そのため、「したいこと」や「興味があること」、「続けていきたいこと」をしっかり、前向きに、考えていくことです。

積極的な見方する

年取るつれて、若い時元気で多を行なえたことを思い出し、消極的な気持ちになるかもしれません。それも無理はありません・・・ですが、そうした気持ちに呑み込まれてしまわないように努力する・・・

過去ことばかり考えていると、毎日が暗くなり、今できることをする意欲くまで失ってしまいます。むかしは出来た事を今はできない・・・ことを考えるより、今出来る事を楽しむことでだと思います。

« 信頼を得るには・・・ | トップページ | 年を重ねて思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも自分らしく・・・:

« 信頼を得るには・・・ | トップページ | 年を重ねて思う »