« 幸福は他者とのかかわりの中で・・・ | トップページ | 人と自然と技術の共生へ »

2018年12月 3日 (月)

虚心坦懐に努めたい

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

177156871

「褒めらるるより毀られるな 」(ほめらるるよりそしられるな)の言葉があります。

他人から褒めたたえられることよりも、まず非難されないように身を処すべきことをいうことです。

慢心・・・

「慢心」は自らの能力や権力、立場の強さなどを過信するあまり、他人を思いやる心を失い、自分の気持ちを優先させる言動をとる人間をいいます。

慢心がいつしか欲心を制御できないところに来てしまったら、それをたしなめて意見するものもいなくなってしまい、社会的制裁を受けることになるでしょう。

自分を褒めて他人をけなす、そうすると自分の評価が高まると思っているかもしれませんが、自分に自信がないから、あえて自分のことを誇張したがるのでしょう。

自分のことを褒めて欲しいから人に褒められる前に自分を褒める。ところがそれは、かえって自分の評価を下げてしまうようです。虚勢を張ると、どこまでも張り続けなければならなくなります、そこには息苦しさがついてまわります。 

虚心坦懐に努めたいものです。

慢心の反対語・・・「虚心」

心に何のこだわりももたずに、すなおであることです。

虚心坦懐・・・心になんのわだかまりもなく、気持ちがさっぱりしていること。心にわだかまりがなく、平静に事に望むこと。

「虚心」は心に先入観やわだかまりがなく、ありのままを素直に受け入れることのできる心の状態です。「坦懐」はわだかまりがなく、さっぱりとした心。平静な心境です。

« 幸福は他者とのかかわりの中で・・・ | トップページ | 人と自然と技術の共生へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虚心坦懐に努めたい:

« 幸福は他者とのかかわりの中で・・・ | トップページ | 人と自然と技術の共生へ »