« 人間としてベストの生き方 | トップページ | もっとゆっくり生きよう »

2018年11月 7日 (水)

結婚して一人前

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

0912311

価値観は、時代と共に変わるということは分かります。

外国人労働者の受け入れを拡大するだけでは今の、中小企業の人手不足解消されても、人口減少に抜本的に、歯止めがからなければ人で不足は、解消されないでしょう。

日本の将来はどうなるのでしょう。

昔親父から言われていた言葉を思い出す・・・「所帯を持って一人前」・「嫁(か)して三年子無きは去る」

産経新聞から・・・博報堂生活総合研調査によると・・・

結婚・出産して一人前」・・・過去最低***「家族の絆強くする」・・・最高

「結婚・出産して一人前」という意識が過去最低になったことが、博報堂生活総合研究所の調査で分かった。調査は、昭和63年から10年ごとに実施。今回は、今年2月から3月にかけ、630世帯1260人の夫婦が回答した。

それによると、「結婚してはじめて一人前だ」と考える人は、昭和63年は、夫で47.7%、妻で41.7%だったが、今年は夫で27.8%、妻で17%と過去最低に。

「子どもをもってはじめて一人前だ」・・・と考えている人も、今年は夫で30.2%、妻で20.8%と過去最低になった。  

一方、家族の結びつきは強まっている。「意識して家族の絆を強めるようなことをする方が良い」と考えている人は、昭和63年は夫が37.3%、妻が36.4%だったのが、今年は夫で57.8%、妻で51.4%と過去最高になった。

「人口減少社会」

現代の若者は、日本の現実・将来をどう考えているのでしょうか?

日本沈没のような危機感を感じます。国も対策を考えているようですが、政策を立てている人たちはお年寄りが中心です。若い世代が子供を産まなくなった要因の一つには、子育てが格好よくない、ダサいという意識もあるのかもしれない・・・

今の人たちは、子をかわいがるという本能を持つ「哺乳(ほにゅう)類」から離れて変な方向へ向かっている気がします。哺乳類の原点に戻り、子育ての大切さを自覚する時だと思います。 それが日本の未来を切り開くことに繋がると思います。

« 人間としてベストの生き方 | トップページ | もっとゆっくり生きよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚して一人前:

« 人間としてベストの生き方 | トップページ | もっとゆっくり生きよう »