« 郷土を大切する心 | トップページ | 自尊心とプライド »

2018年11月 5日 (月)

人間関係は義理と人情の世界

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

08kakunodate_koyo11

人間関係は義理と人情の世界です。

最近、つくづくこの世の人間関係は「義理と人情」によって成り立っていると思います。

日本の社会に固有な生活規範。義理は一般に社会に既存している道徳や習慣であり、人の踏み行うべき正しい道筋をいう。(ブリタニカ国際大百科事典)

義理と人情の実情はその人の年齢、性格、家族など個人的要因…時代、職業、立場、役割、環境など社会的要因…そして、公私にわたる特殊な要因によって異なります。

「義理と人情」と同じように使われる言葉として「建前と本音」・「理性と感情」・「客観と主観」などがあります。

義理とは・・・自身の利害にかかわりなく、人として行うべき道です。

特に交際上いやでも他人にしなければならないことです。社会的、道義的に規定、掟を守ることです。義理を欠くことは、社会的責任を果たしていないとみなされます。

人情は・・・人ならば誰でも持っているはずの人間性を感じさせる心の働きです。

本当の気持ちであり…主観的、感情的で熱しやすい行動をとることです。人間関係の8割りは人情的要素の影響を受けて行動すると言われています。

人情は、自分の良識や社会的通念によって、自分で制御( コントロール)するもので、人情による人間関係を求める人は、私的、個人的に親しい、相性が良い、好き、信頼、尊敬の気持を有する人達です。

人情による結び付きは、集合・活動…そして相手への共感が高まり、気持ちに感情が伴います。

« 郷土を大切する心 | トップページ | 自尊心とプライド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間関係は義理と人情の世界:

« 郷土を大切する心 | トップページ | 自尊心とプライド »