« 人間関係は義理と人情の世界 | トップページ | 人間としてベストの生き方 »

2018年11月 6日 (火)

自尊心とプライド

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

201109161540151

自尊心とプライドとは・・・

自尊心は・・・自分の心の内側から沸き起こり、自分を認め、「自分はこのままで良い」という自分自身を承認する気持ちになることです。

プライドは・・・自分を他人と比べて、その中で自信を持つということです。

したがって、他人と比較しているかいないか、これが、自尊心とプライドの大きな違いです。自尊心からくる自信は、心にゆとりがありますので、何が起こっても、辛いことが起きても、立ち直りが早く、またすぐに本来の自分に戻ることができます。

プライドからくる自信は、色あせたり、他人との比較で成り立っていますから、とても脆いのです。ですから、自分自身の中で、セルフイメージ(自分自身が思い描いている自分のイメージ)をしっかりと持ち、他人からどう思われているかを考えるのではなく、自分を認めることで得られる自信を持てるようにすることです。

プライドが高い人は、自分の非をなかなか認めない。 何か自分が失敗したり、間違ったりしたときでも、それを素直に認めきれない一面があるのです。

どんなに些細なことでもそれは一緒です。さらに、自分が好きな分野や得意なジャンルであればあるほど、その傾向は強くなります。

プライドが高い人と、自尊心が強い人

プライドが高い人と、自尊心が強い人とでは、少しニュアンスが違ってきます。前者はネガティブに、後者はポジティブに捉えられることが多いです。融通の利かなさや極度の負けず嫌いという一面を改善できれば、良い可能性と結果を生むことにつながるのではないでしょうか。

« 人間関係は義理と人情の世界 | トップページ | 人間としてベストの生き方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自尊心とプライド:

« 人間関係は義理と人情の世界 | トップページ | 人間としてベストの生き方 »