« 季節の移ろいを捉える | トップページ | 働くことは生きること »

2018年11月19日 (月)

地域の安心・安全はみんなで・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

C0004251_1601071

地域の人間関係の希薄化

私たちのまちでも、少子高齢化・核家族化で、老夫婦や、ひとり暮らしのお年寄りが多くなってきています。都市化が進み、ワンルームマンション・住所変更していない学生・労働者が増えているようです。

今、人間関係の希薄化と相まって、今、地域からの孤立が大きな社会問題となっています。何かあったとしても近くに頼れる方がいないという人も多いのではないでしょうか・・・

中には、他人に迷惑をかけたくないと思い込んでいる人もいます。そんな人々の声にならない声に耳を傾けていくこと、これが見守り活動の始まりだと、考えています。

お隣近所で気になる人、心配な人などがいらっしゃるはずです。こうした方々の対応を行政の力だけに頼るのではなく、最も身近な市民がお互いに助け合っていく、その具体的な取り組みとして「声かけ・訪問活動」があります。

遠い親戚より近くの他人

血の繋がっている親類であっても、遠く離れて暮らしていれば行き来も少なくなり、情も通わなくなるもので、万が一急を要する出来事があった場合に助けられることはない。赤の他人であっても、自分の近くにいる人のほうが、かえって力になってくれるということです。

昨日、私たちのまちでは、町会の呼びかけで、地域の防災訓練…消防署の指導で、スタンドパイプを使い、消火訓練をいたしましたが、参加者が20名ぐらいでした。20代~50代の方の男性はいませんでした。

天災は忘れた頃にやって来る・・・自然災害はその被害を忘れたときに再び起こるものだという戒め(寺田寅彦の名言)があります。

« 季節の移ろいを捉える | トップページ | 働くことは生きること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域の安心・安全はみんなで・・・:

« 季節の移ろいを捉える | トップページ | 働くことは生きること »