« 「老い」は治らない? | トップページ | 自分が出来ることから始める »

2018年11月25日 (日)

ボランティアの活動して思う

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

030071xe11

最近、まちの清掃活動していて・・・

ボランティアとは何だろう?改めて考えてみることがあります。

「ボランティア」というと、福祉分野の活動?環境、まちづくりなど、ボランティアの活動? 

地域社会の課題を解決するために、個人の自由な意志で誰からも強制されず、無償でする活動を広くボランティアと呼ぶようになってきているように思うのです。

そもそも、「ボランティア」とは、ボランティアの語源は、vouluntas(自由意思)、voluntarius(自らすすんでいる、任意の)などのラテン語からきているという。

「ボランティア精神」とは

「お互いに助け合う心」です。ボランティアは参加するのではなくさせていただくもので、ボランティアとは人のためにするのではなく、自分のためにするものです。その結果それが人のためになることです。

ボランティア活動の3原則

①  自発性

 ボランティア活動は、他人から指図されて行うのではなく、個人の自由意志で行う行為です。活動をする・しないを決めるのは自分です。

② 無償性

 原則として、ボランティア活動をするときは、活動そのものに伴うお金はもらいません。ただし、活動するために発生するお金(ボランティアの交通費など)は実費弁償としていただいて結構ということです。

③ 社会性

 ボランティア活動は、だれもが住み慣れた地域で、その人らしく生きられる地域づくりのために協力して行う活動です。

« 「老い」は治らない? | トップページ | 自分が出来ることから始める »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティアの活動して思う:

« 「老い」は治らない? | トップページ | 自分が出来ることから始める »