« もっとゆっくり生きよう | トップページ | まちの自然を守ろう »

2018年11月 9日 (金)

自然から学ぶ心の豊かさ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

感性の豊かさ

世の中では大きな災害や、障がいのある人のいのちを、その身勝手な振る舞いによって奪う凄惨な事件など、悲しい出来事が起きています。人間らしいこころや感性が失われてきているように思います。

その原因の一つに、「豊かさ」があげられるように思います。

人は比較でものを考えつづけると、際限のない豊かさの中で、満足がいかないことに不平不満を言い続けます。これでは心の平安は得られません。

自然から学ぶこころの豊かさ

自然は、私たちの五感を通して、私たちの心に様々な感情を呼び起こしています。

感性が豊かであれば、それだけ、自然の醸し出す様々な刺激に対して、素直な感激を生み出します。そして、その感性の豊かさとこころの豊かさとは、密接な係わりを持っているようにに思えます。

感性豊かな人間は、自然の発する様々な刺激に反応し、そこに感激を覚えたり、不思議さを感じたりしながら、自然と対峙する…そこには、時を意識しない時が流れています。

こころの豊かさが、こころの余裕に

時間を気にせず、何もすることもなく、ぼんやりと一時を過ごしているとき、豊かなこころを感じ…自我を忘れ、自我の底にある無意識の世界を開放したとき、人は、幸福感を覚えるようです。

自我を意識するとき、そこには、一分一秒の時が流れるが、自我を忘れ、無意識の世界を開放するとき、そこには時を意識することのない、悠久な時が漂っていることを感じることが出来ます。

私達がこころ豊かに感じるその一つには、この悠久なる時の世界に身を置くことが出来た時ではないでしょうか・・・

今、自分に恵まれている…という事に、目を向けることができたら幸せな気持ちに、なれることでしょう。一人ひとりのこころが、安定していたら、もっともっと、楽しい世の中になることと思います。

« もっとゆっくり生きよう | トップページ | まちの自然を守ろう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然から学ぶ心の豊かさ:

« もっとゆっくり生きよう | トップページ | まちの自然を守ろう »