« 地域の変化と活性化 | トップページ | ゴミのない町にしよう »

2018年10月22日 (月)

ちょっとした思いやり

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

201506291410597101

ちょっとした思いやりで笑顔のまちに・・・

町の人の、ひとり一人の思いやりや心がけにより、私たちのまちを訪れる皆様に気持ちよく過ごしていただくと共に、まちに住む人にとっても暮らしやすいまち、を目指すには、ひとり一人の意識を持つことです。

①思いやり、②笑顔・あいさつ、③交通マナー、④町内美化

近年は生活スタイルが、便利さを求めることやプライバシーを確保することを重視する方向へと変化してきています。

さらには集団よりも個人を重視する価値観が次第に強まってきたことで、人間関係が希薄になり、他人を思いやる心が薄れ、市民の地域社会に対する関心や連帯感も薄れつつあります。

意識と理論から行動で

人々の様々な生活課題を解決していくには、人々の意識変革に加え、地域において自発的に課題を解決しようとする力の向上が必要です。

心理学の研究の中では、実際に行動を起こす際には、日々の行動の非常に多くの部分を無意識に行っていることが知られています。

例えば朝起きてからオフィスに着くまでの行動の多くは習慣化されているため、意識されず行われることが多いのです。玄関を出て・・・最寄の駅まで、歩行喫煙が習慣化されてしまって、吸わなければ、一日の調子が出ない?

タバコの一本ぐらいが・・・捨てられてしまい灰皿通り化してしまうです。「これで、何か問題あるの・・・」と思っている・・・?これが現代社会の自分さえ良ければの「自己中心主義」の人です。

もう一度、地域に生きるということは、モラル・マナーがあって自分も生きられる・・・考えて欲しいのです。そして、他人に思いやりを持つ、心のゆとりを持って欲しいのです。

« 地域の変化と活性化 | トップページ | ゴミのない町にしよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした思いやり:

« 地域の変化と活性化 | トップページ | ゴミのない町にしよう »