« 安心・安全で笑顔のまちに・・・ | トップページ | 生きがいについて »

2018年9月13日 (木)

年寄りの焦り

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo_2

老齢期は、人生の集大成の時です。

しかし、高齢になると生きることの難しさ、虚しさが如実に現れると、物の本に書かれていましたが・・・私も、年老いて実感しています。

年寄りの焦り・・・

新しいことをするためには、気力も体力も残されていない・・・同じ事を同じようにしようとすれば、若い人間には、太刀打ちできません。

それは、取りも直さず生きることの意味を、改めて考えさせられる時期でもあるからで、年をとると言うことは、ある意味で残酷なことです。

日常のことで、今まで出来ていたことも、出来ないことが、一つひとつ増えてゆく…変化に対応ができないことで…焦りを感じるようになってくるのです。当然、未来への希望や可能性が狭まっていくのです。

年寄りの人間としての財産・・・

しかし、一方において、年寄りには、生きてきた蓄積があります。それは、人間としてかけがいのない財産です。

その財産は、人徳として昇華されたものです。ゆっくりと、自分の財産を社会に還元すること・・・これこそ、年寄りの生きがいとなると思うのです。

« 安心・安全で笑顔のまちに・・・ | トップページ | 生きがいについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年寄りの焦り:

« 安心・安全で笑顔のまちに・・・ | トップページ | 生きがいについて »