« 墓掃除をして思う | トップページ | 太陽は平等に照らす »

2018年9月21日 (金)

どう生きる成熟社会

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Odaiba971

成熟社会をいかにして生きるか?

成熟社会とは…経済や社会制度が発展し、必要な物やサービスは満たされ、自由で便利な生活はできるが、成長がピークに達し色々な状況を呈している社会のことです。

人間は従来、集団(地域社会や家族等の共同体)が持つ伝統や知恵に学び、集団に支えられて生きてきました。

ところが成熟社会になると自己実現を目指して生き方が多様化し、物事の価値や判断を個人が行い、個人が責任を負う状況へと変化してきています。

つまり、食に追われ集団に支えながら生きた状況から、食は満たされるが集団との関係は薄れ個人の責任で生きていく、いわゆる「個人化」の傾向を示してきました。社会や国についても、それに応じて制度や仕組みが変わってきています。

「価値観の多様化」「個人化の時代」

価値観の多様化、差別とか偏見も少なくはなって、ひとり一人の価値観が尊重される時です。

おひとり様も増えて

生涯未婚率…50歳時点で一度も結婚したこと無い人の割合。2017年発表では男性23.6%、女性14.1%となっています。この事実から、私たち日本人はもはや、全体主義的価値観では生きられなくなっていることだと思えます。

生き方が難しくなった現代

私たちは高望みをしているわけではないのに、それなのに「普通に働き普通に結婚し安心して暮らす」を行うことが難しい現実があり、ストレスを溜めながら生きることになっている現実もあるようです。

« 墓掃除をして思う | トップページ | 太陽は平等に照らす »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どう生きる成熟社会:

« 墓掃除をして思う | トップページ | 太陽は平等に照らす »