« 完璧な人間はいません | トップページ | 今日ゴミ拾いをして思う »

2018年8月 6日 (月)

人間として正しい生き方

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

165815310_6241

正しい生き方とは

稲盛和夫氏・・・正しい生き方とは、けっして難しくありません。

子どものときに親から教わった、ごく当たり前の道徳心。

○ 嘘をつくな。
○ 正直であれ。
○ 人をだましてはいけない。
○ 欲張るな。

そういうシンプルな規範の意味をあらためて考え直し、それをきちんと遵守することがいまこそ必要なのです。

これを、「小学校の道徳のようなことをいう」と笑う人がいるかもしれません。しかし、その小学生のときに教わったようなことを、私たち大人が守れなかったからこそ、いまこれほどまでに社会の価値観が揺らぎ、人の心が荒廃してきています。

では、それらを身につけるためにはどうしたらいいのか?

☆ 人生はその人の考え,産み出されるもの

いいかえれば、その人の心の持ち方や求めるものが、そのままの人の人生を現実に形作っているということです。

したがって、事を成そうと思ったらまずこうありたい、こうあるべきだと思うこと。そして、誰よりも強く、身が焦げるほどの熱意を持って、そうありたいとすさまじく熱望することが何よりも大切です。

それだけではなく、その実現へのプロセスを頭の中で真剣にこうして・ああしてと幾度も考え、シミュレーションを繰り返す。そうして、どんどん完成形がはっきりと見えるようになるまで考えぬくことです。

☆ 原理原則から考える

私たちは、物事を複雑に考えてしまう傾向があるものです。しかし、物事の本質は一見複雑に見えて、実は単純なものの組み合わせで出来ています。

人生を歩んでいく途上では、至る所で判断や決断を下さなければいけない場面がでてきます。その一つ一つの選択によって、人生は形成されていきます。

だからこそ、その判断や選択の基準となる原理原則をもっているかどうかは、私たちの人生の様相を全く異なるものにしてしまいます。

« 完璧な人間はいません | トップページ | 今日ゴミ拾いをして思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間として正しい生き方:

« 完璧な人間はいません | トップページ | 今日ゴミ拾いをして思う »