« 物事の捉え方 | トップページ | 身の丈で生きる »

2018年8月11日 (土)

心の支え

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

426c64451

地球が誕生してから約46億年という月日。この地球の歴史を一週間に置き換えるならば、人類が文明をもってから、まだ1秒とわずかです。

人生とは「奇跡」であり「瞬間」であり「貴重」だと痛感します。

人生は試練の連続です。しかし、試練は大きな喜びに至る通過点です。これを通らなければ深い幸せは味わえないのです。「辛いことが起きてしまった」と感じたときには、「また先にもっと大きな幸せがある」と思えばよいのです。

心の支え・・・

◎ その日を楽しむ

 オードリー・ヘップバーン名言

「どんな日であれ、その日をとことん楽しむこと。ありのままの一日。ありのままの人々。過去は、現在に感謝すべきだということを私に教えてくれたような気がします。」

◎ ものの見方・価値判断

(伊藤 守 著/ディスカヴァー・トゥエンティワン) より

『天に星が輝いていても、あなたが見上げなければ無いに等しい。あなたが自分自身に目を向けなければ、あなたの価値もないに等しい』

下ばかり見ていては、輝く星に気づきません。曇り空で星が見えなくても、やっぱり星は輝いています、雲の上で・・・

他人のことばかり見ていては、自分の輝きに気づきません。たとえ少ししか星が見えていなくても、本当はたくさんの星があることを私達は知っています。

他人はとても輝いて見えるのに、自分に目をむけるとさっぱり光っていないように感じることがあります。でもそれは、少し雲がかかって見えにくくなっているだけです。

嵐の夜でもちゃんと星が輝いているのと同じように、私達は自分の中に魅力的な輝きがあることを知っているはずです。

« 物事の捉え方 | トップページ | 身の丈で生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/74009246

この記事へのトラックバック一覧です: 心の支え:

« 物事の捉え方 | トップページ | 身の丈で生きる »