« 豪雨お見舞い | トップページ | 迷いの人生 »

2018年7月 8日 (日)

協調性と思いやり

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10shiretoko5go_1ko21

最近、自己中心的な人が多くなったように思います。

不透明な時代「協調性・思いやり」が大切と言われています。 

「協調性」・・・他の人と物事をうまくやってゆける傾向や性質(大辞林)

協調性の高さ、というのは実は、良い面ばかりではないと思います。

周りに流されやすかったり、自分を必要以上によく見せようとして周りに合わせてしまうといった傾向の裏返しでもあるのです。また、自分が損をしたくない・・・「自分本位」で「ずるい」・・・考え方もあるのです。

だからこそ、しっかり言うべき場面で大人としての言動もできなくなるのです。自分さえ良ければそれでいいって…いうことになるからです。

言いたいことやイヤなことは、ハッキリ言う、というだけではダメです。

自分にとってはそうなのかも知れないけれど、「じゃあほかの人にとってはどうなの?」という視点が抜け落ちていますから・・・大人としての言動っていうのは、他人の立場を推し量れることを言うのです。

「思いやり」というのは・・・

何も、優しく他人に接すること・みんなに合わせてあげることではなく、正しいと思われる方向に導いてあげることも含まれます。

大人としての言動ができないと、そういった「導き」の行動にも欠けてしまうので、結果的に、思いやりに欠けてしまうことにもなるわけです。

要は、自分を他人に置き換えて考えることもできていない…自分を客観視できていない、ということにもなります。自分がされたらイヤなことは他人にとってもそうなのだ…という考え方ができない人ということにもなります。

ですから・・・

自分がされたときに心地よく思えることを、実際に、他人に対しての行動として実行して行く…そうすれば、必ず変わってゆくと思います。変われるものなんですから、あとは意識してやってみるだけです。決して悲観的になることはないと思います。

« 豪雨お見舞い | トップページ | 迷いの人生 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/73819733

この記事へのトラックバック一覧です: 協調性と思いやり:

« 豪雨お見舞い | トップページ | 迷いの人生 »