« 暑いですねー | トップページ | 美しさの原点は自然です »

2018年7月23日 (月)

命尽きるまで人間の現役

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

035571

「老後」とは漢字で「老いの後」と書きます。今、私は老人の真っ最中で、現役の老人です。

関西お笑いの最長老コンビ・漫才師の「いとし・こいし」さんが、こんなやりとりで笑わせていました。

こいしさん…「そろそろ我々も、老後のことを真剣に考えんと、あきまへんな」

いとしさん…「おかしなこと言なはんな、老後とは漢字で老いの後と書きます。今、私は、老人の真っ最中で、現役の老人です。老人の現役ですから、老の後のことを考えるのはまだまだ早い、老人の現役を退いてから、老後のことをぼちぼち考えたらよろしい」。

 …命尽きるまで人間の現役とは、さすがにうまい表現です。

私は、日野原重明さん・・・「ここまでっていう限界はないね、頂上はないね。」。。。印象的に頭に残っています。

「オレみたいなロートルの出番じゃあないなあ」・・・なんていけません、死ぬまで現役ですよ。。。

ロートル…という言葉が懐かしい。

ロートル(老頭児)とは…年寄り・老人という意味の中国語です。日本では、昭和30年代頃まで会話で俗語・隠語としてよく使われていて…

谷戸の寄り合いなどで・・・親父さん達が、よく使っていたので覚えています。「年寄り」「じいさんばあさん」を意味する遠まわしな表現・・・年長者が「オレみたいなロートルの出番じゃあないなあ」・・・と。

« 暑いですねー | トップページ | 美しさの原点は自然です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命尽きるまで人間の現役:

« 暑いですねー | トップページ | 美しさの原点は自然です »