« 感謝の心持つこと | トップページ | モラル・マナーの悪さ »

2018年7月11日 (水)

価値観の違いと多文化共生

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Dsc0712011

人生の価値観は人それぞれ違っていて常に変化し続けています。

人の価値観は、本当に個人個人違っていて、自分の価値観が普通で正義だと信じて、疑わない人が多いことです。

価値観は、十人十色です。

本人が幸せを感じて、人生を心豊かに暮しているなら、それが一番良いのだと思います。でも、自分の価値観こそが普通で常識的で正義だと主張して、優劣をつけたがる人がいるから、話がややこしくなるのです。

違う価値観を認めず、非難をはじめるから、面倒だ。。。お互い罵倒し合ったところで正解はないのだし、妥協点もないのは分かっている。分かっているのに、それを永延と続けている。

また、社会がそうだから、周りがそうだから、本で読んだから、テレビでやっていたから・・・自分で考えたり、感じたことがなく、回りに流された価値観?で、気が付かない人もいます。

これからの社会は国際化・グローバル化は進みます。

地域で暮らす外国人・・・文化や生活習慣などが違う人と、隣りあわせになることもあり得る時代になってきています。

異なる文化を持つ人々が、互いの文化的違いや価値を受け入れ、尊重し、新たな関係性を創造することを目指す「多文化共生」の考え方が、重要な意味を持つようになりました。

でも、私たちは自分の持つ文化を、普段はそれほど意識していません。

例えば、海外で食事の前にお祈りをするクリスチャンを目にしたとき、私たちは、自分たちが食事の前に「いただきます」と言葉を発しながら手を合わせる習慣を持っていることに気がつきます。

異なる文化が交差するとき、初めて私たちは自国の文化を意識させられ、同時に、異なる文化に対して違和感を感じることもあるでしょう。

しかしこうしたとき、それぞれの文化に優劣をつけるのではなく、違いを理解して受け入れることが多文化共生につながります。

外国人も地域の一員として、家族ぐるみの交流や地域活動に参画し、日常生活に不便なく暮らせる町づくりも、考えていかねばなりません。そして、平和な社会を実感しながら、平和を大切に思う気持ちが広く共有されることが大切と考えます。

« 感謝の心持つこと | トップページ | モラル・マナーの悪さ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価値観の違いと多文化共生:

« 感謝の心持つこと | トップページ | モラル・マナーの悪さ »