« 考えるより感じること | トップページ | 八十歳からの生き方 »

2018年7月14日 (土)

社会的責任意識を持つ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

00nyudogumobgm1

社会的責任意識を持ち、人生「充実感」を持って暮らす。

社会的責任・・・市民としての組織や個人は、社会において望ましい組織や個人として行動すべきであるという考え方による責任です。(ウイキペディア)

誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる、健康で豊かな生活ができることを心がけることです。

仕事と生活の調和

仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならないと思います。つまり、「仕事・家庭・地域」にバランスよく調和が取れたことで、「真の幸せ感」得られるのです。

そのような社会の実現に向けて、国民一人ひとりが積極的に取り組み、仕事と生活の調和の必要性、目指すべき社会の姿を示し、新たな決意の下、官民一体となって取り組んでいくことが大事なことと考えます。

仕事は、暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらす。同時に、家事・育児、近隣との付き合いなどの生活も暮らしには欠かすことはできないものです。その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増するものです。

しかし、現実の社会は

① 安定した仕事に就けず、経済的に自立することができない、

② 仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない、

③ 仕事と子育てや老親の介護との両立に悩む、

など仕事と生活の間で問題を抱える人が多い。そして仕事・家庭・地域など思うように動けない、考えられないで、心に余裕をもてない、社会になって行くことが懸念されます。

« 考えるより感じること | トップページ | 八十歳からの生き方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会的責任意識を持つ:

« 考えるより感じること | トップページ | 八十歳からの生き方 »