« 梅雨の季節で思う | トップページ | 過不足がない生き方 »

2018年6月24日 (日)

片倉城跡を偲ぶ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

0041

516880592

646454761

A5b522871

石積みの 苔ひたたりし 城の址

草燃えて 片倉城や 夢誘う

紫陽花は 片倉城を 偲ばせる

吹く風に 松の青さに 夏の空

雲白く 古城の台  初夏の風

片倉城跡は、南北朝末期の応安年間(1368-75年)長井広秀の構築と伝える。

« 梅雨の季節で思う | トップページ | 過不足がない生き方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片倉城跡を偲ぶ:

« 梅雨の季節で思う | トップページ | 過不足がない生き方 »