« 片倉城跡を偲ぶ | トップページ | まちの広場に思う »

2018年6月25日 (月)

過不足がない生き方

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Hiland051

過不足がない・・・

シンプルであり、必要以上を持たないことです。

何を望み、どういう生き方がしたいのか?そのためには何が必要で、何が不要なのかを自分自身で考えてみることです。

他人と比べてどうかではなく、自分にとっての「過不足のない」状態を想像してみて、多過ぎることなく、足りないものもない生き方です。それはきっと、自分が今まで、考えていたよりもずっと物の少ない生活になっているはずです。

欲張らなくても満たされた暮らしがそこにあります。

宮澤賢治「雨にも負けず」で、「一日に玄米四合と味噌と少しの野菜をたべ…」がりますが、ちょっと今に時代ではどうかと思いますが…

着心地がよくて動きやすい服が少しあって 洗濯しながら大事に着る…携帯はガラケーでいい…何かやりたくない時は、やりたくないことを無理にやらない…手を抜く時は抜いて、その分出来る時、やる気がある時にしっかりやる。。。

こんな感じの過不足なくちょうどいい暮らし生き方です。。。きっとこれがずっと続くのではなく、これまでもそうだったように、年を追うごとに変化があると思っています。

どんな変化があったとしても、ひとつだけ。。。もう変わらないと言い切れるのは「物に振り回される暮らしはしない」ということです。

変わることと、変わらないこと、これからの私の暮らしがどうなっていくのか、自分自身で楽しんで、年を重ねていきたいと思います。

« 片倉城跡を偲ぶ | トップページ | まちの広場に思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過不足がない生き方:

« 片倉城跡を偲ぶ | トップページ | まちの広場に思う »