« 人生は一生勉強 | トップページ | 人の心の豊かさと地域社会 »

2018年6月28日 (木)

少欲知足で幸せに・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

3612

「幸せとは何か」

幸せとは「感じ方」です。

幸せだなと感じる心の状態が「幸せ」だということです。幸せを感じることのできる心を、手に入れるように暮らせばいいのです。

幸せにしてもらうことや、幸せが舞い込んで来ることを待つのではなく、小さなことでも「幸せだなと感じる心」を手に入れることの方が、ずっとシンプルで、そして「絶え間ない幸せ」を見逃さない素晴らしい人生になります。

「ありがとう」

感謝の気持ちで生きることは人生を豊かにします。感謝とは大切にすること、当たり前だと思わないこと、価値を見出すこと、他を尊重し認め合うことができます。

「ありがとう」の心が幸せを確認させてくれるのです。感謝の気持を忘れないでいることは、私たちが幸せに生きるために大切なことなのです。

「少欲知足」

自己中心的な欲望にとらわれた、わが身のありかたを、深く省みることを通して、真に心が満たされるような願いに目覚め、生きることをいいます。

自分がどういう状態であっても、外的なステータスではなく、内的に持っているものの価値(=究極的には今、命があるということ)に感謝をする、ということが足るを知るということなのではないかと思います。

「少欲知足」という一見消極的な響きをもつことばに、欲望の問題を考えるうえで重要なヒントが含まれていると思うのです。

« 人生は一生勉強 | トップページ | 人の心の豊かさと地域社会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少欲知足で幸せに・・・:

« 人生は一生勉強 | トップページ | 人の心の豊かさと地域社会 »