« 心と実践 | トップページ | 鉄は熱いうち打て »

2018年6月20日 (水)

学び続けること

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10kanmonkyo11

人の一生

徳川家康の遺訓「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし・・・」があります。

生き方に、迷い悩みは尽きません。それが人間だと思います。

生きて行くためには心身を休めることが大切です。また、ストレスを貯めないような気分転換は必要です。

…生きる心構えを変える

根本的には生きる姿勢を変えることが大切でしょう、それは自己への気づきです、生かされていることに気づくべきです。父母のもとに生まれてきた生命体が自己です。

高村光太郎の「道程」という詩の中の『僕の前には道が無い僕の後ろには道ができる』という世界だと思います。

学ぶこと

生まれてから、親から、家族から、学校で…社会において・・・「ひたすら学ぶ」、恩師・級友・家族・親戚・上司・同僚・隣人みんなが、自分自身の師であり友であり援助者です。

完璧な人間はいません。何もかもがうまくいき、何もかもが誰よりも優れているなどという人はいません。だから、人間とはを学び続けることで、死ぬまで本当の真実を追い求めることです。

多くの人々と交わり。そして、日々一歩一歩自分自身の人生を歩むのです。そういう取り組みの中で、「自分」というものが形成されていくと思うのです。

« 心と実践 | トップページ | 鉄は熱いうち打て »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学び続けること:

« 心と実践 | トップページ | 鉄は熱いうち打て »