« 梅雨の片倉城跡公園 | トップページ | 心と実践 »

2018年6月19日 (火)

互近助の付き合い

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

C0004251_1601071

地震国日本・・・

☆ 昨日(6/18)も、大阪府北部地震がありました。マグニチュード(M)は6・1と推定されています。

☆ 17日、群馬県で地震がありました。マグニチュード)は4.7と推定されています。

☆ そして、千葉県周辺では今月3日頃から、地震活動が継続しています。今月12日には同県勝浦市などで震度3を観測したマグニチュード(M)4・9の地震が発生。また、14日にも同県いすみ市などで震度3を観測するM4・1の地震があり、二つの地震は共にスロースリップが原因とみています。

「遠い親戚より、近くの他人」です。

普段から「近助」・「互近助の付き合い」・「防災燐組」防災研究者の山村武彦氏は、提唱しています。

他人ごとではありません。「困ったときはお互い様の心」助けたり、助けらられたりです。

① ほどよい距離感で・・・○結び目はあまり固く結ばない。○べたべたしない。○プライバシーには深入りしない。

② 困ったときはお互い様の心をもつこと。

③ 挨拶は先手必勝…(相手がしたらしようと思わず、気付いた方から先にいう)

④ 気持ちよい前向き挨拶(「嫌な雨」というより「良いお湿り」というように、プラス志向で。

⑤ 日常行事に積極参加・参画…役割を分担すること。

⑥ 欲張らないで、身近なことからコツコツと続けること。

⑦ 回覧板は、顔見て挨拶しながら手渡しで。

⑧ いざという時は、ためらわないで自分から声かけて。

⑨ 向こう三軒両隣で安否確認。(同じ時代同じ地域に住む運命共同体)

⑩ できる人が、できる時に、できることを、無理なく、自分のために、楽しんで。

« 梅雨の片倉城跡公園 | トップページ | 心と実践 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 互近助の付き合い:

« 梅雨の片倉城跡公園 | トップページ | 心と実践 »