« 年寄りのつぶやき | トップページ | 高齢者はどう生きたらいい? »

2018年6月 8日 (金)

悪人を憎む善人

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

P10205221

「みんな、私たちの町に住んでいるのだから、きれいで、美しい町で、気持ちよく住んでいきましょう。」

ひとり一人のちょとした心がけで、みんなこの町に住む人が、気持ちよく、楽しく暮してゆけるのですから・・・

その心がけは良いのですが、自分は良い行いをしているという思いが強すぎると・・・

他人をみて、ついつい私は「毎日ボランティアのゴミ拾いしている」でも、無意識にゴミを捨てて行く人たちが多いことです。

「どうして、こんな物まで捨てていくのか」と思うようなこともあり、怒りさえ覚えることがあります

「悪人を憎む善人は、実力なき善人なり」

「悪人」・「善人」とは、私たちは普通、出来る限り悪い行いをせずに良い行いをしようと心がけていると思います。

昨日、町の人の通勤通学・買い物などの通路に面した、NTT交換局の草刈りを業者が実施しました。出てきました!空き缶・空きビン・大きな古着の袋までありました。

業者の責任者が私の家に来て話され、私は「すみません・ありがとうございます」と言い所定の場所(地域住民協議会のセンター)にて処分しました。

もちろん、平気でゴミを捨てていく人が悪いことは当然です。でも暑い中、汗びっしょりで作業して、余計な作業?などはしたくないことはよく分かります。

謙虚さが大事

私たち人間は、どんなに良い行いをしようと心がけても、間違いや過ちを必ず犯してしてしまうものです。そして、なかなかそのことに気づかず、自分は間違っていない、正しいと思いがちです。

しかし、自分は「どんなに心がけても過ちをおかしてしまう存在である」ということが自覚できた時、はじめて謙虚になれ、周りに対して素直に頭を下げることができるようになれるのではないでしょうか?

私もまだまだ、謙虚になれない「悪人を憎む善人」と反省しています。

« 年寄りのつぶやき | トップページ | 高齢者はどう生きたらいい? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪人を憎む善人:

« 年寄りのつぶやき | トップページ | 高齢者はどう生きたらいい? »