« 人と自然との共存の社会 | トップページ | きゃらふきの味 »

2018年5月10日 (木)

奉仕の心

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

1231

「奉仕の心は母ごころ」

老子は「人々のために行動して、大切なものを手に入れ、人々に何もかも与えて…「心は豊かになる。」・・・つまり、精神的な豊かさを得たいのであれば、「他人へ奉仕せよ」と、「奉仕」の大切さを説いています。

「習慣化すること」

誠意や感謝の心を持って、小さなことでも行動することを習慣にすることです。 習慣は意識してするものではなく「身体的」なものです。脳科学の研究によると、人間の行動の95%は無意識によるもので、意識的に行うのは5%ほどといわれています。

大きな野心があるからといって、いきなり強固な意志を要する努力を始めても、身体がついてきてくれません。しかし小さなことであれば、最初に少しがんばって続けてやれば、あとは身体的なリズムになって定着していきます。

習慣化するには、意識してやり続けるうちに、だんだん無意識化していく・・・これを繰り返すことによって、毎日「やろう」と努力しなくても習慣化されてできるようになっていきます。

« 人と自然との共存の社会 | トップページ | きゃらふきの味 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奉仕の心:

« 人と自然との共存の社会 | トップページ | きゃらふきの味 »