« 春の愁い | トップページ | 人生は捉え方しだい »

2018年5月 1日 (火)

普通の暮らし、心の豊かさとは

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10shiretoko5go_1ko11_3

「普通に暮し」がしたいものです。普通に暮らせることが、人生の最高の幸せです。

それには、「心の豊かさ」を図り、感謝の心を持つことです。

心のな豊かさは、最低限度の物質的な豊かさが必要だと思いますが、その上で何気ない日常にありがたみを感じることができれば、精神的に豊かだと言えると思います。

何もないところに穏やかさを感じ、心穏やかに過ごす。また何もないところから笑いや楽しみを生み出し、身近な人と楽しく過ごす。

そんな何気ない日常が、悪くはないというだけでなく、何気ないありふれた日常に、ありがたみや幸福感を感じるようになれば、それは心が豊かなのだと思います。

「人は、人の触れ合いの中でしか、感動をもらえない」と聞いたことがあります。現代は、誰しもが多忙で自由に時間を使えることができず、思考を巡らせる時間すら惜しんでしまい、人生の意味すら分らないままで、暮しています。

しかし、心の豊かさを知り、満たさせることによって、他人のことまで考えられる、余裕を持つことができます。この余裕を持てる状態こそが、心の豊かな状態と言えるのではないでしょうか・・・

心が豊かだと、感じられる要素は、物ではなく、人との関わりや自然との触れ合いで、感動であり、人生に意味を持たせてくれます。それには具体的にどうすれば、人に豊かさを感じられるでしょうか・・・

何もないところに穏やかさを感じ、心穏やかに過ごす。また何もないところから笑いや楽しみを生み出し、身近な人と楽しく過ごす。

そんな何気ない日常が、悪くはないというだけでなく、何気ないありふれた日常に、ありがたみや幸福感を感じるようになれば、それは心が豊かなのだと思います。

« 春の愁い | トップページ | 人生は捉え方しだい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の暮らし、心の豊かさとは:

« 春の愁い | トップページ | 人生は捉え方しだい »